FC2ブログ
  • Comment:0

イースターはチョコ食べ放題?

Bonjour!
こんにちは。

今日は、イースターの話をしたいと思います^^
イースターはキリスト教のお祝いですが、
クリスマスなどに比べて日本ではあまり馴染みが無いですよね?
キリスト教徒が多いフランスでは、クリスマスと同じくらい大事なお祝いとなっています。

イースターはフランス語ではパック(Pâques)といいます。
ちなみに、あのモアイ像があるイースター島、
フランス語ではイル・ド・パック(ils de Pâques パック島)と言います。
イースターは「春分の後の最初の満月の次の日曜日」(ややこしい^^;)で、
毎年日にちが変わる、移動祭日です。
今年のイースターは今度の日曜日4/21です。
フランスでは、その翌日の月曜日もパックの月曜日という事で、祭日となっています。
日本のように振り替え休日という制度がないので、祭日と日曜日が重なっても、
基本的にカレンダーはそのままですが、イースターの次の月曜日は毎年祭日となっています。
学校もイースター休暇といって、2週間くらいお休みになるので、
家族でバカンスに出かけたりする人も多いです。

ところで、イースターって何なの?て方も多いと思います。
実際私もなんなの?と思っていました(キリスト教徒ではないので馴染みが無かったです)
イースターは日本語では復活祭、十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが、
その3日後に復活したと言われており、その復活を祝う日です。
なので、キリスト教徒にとっては、クリスマスに並ぶとっても大事な祭日なのですね。

そして、イースターの楽しみの一つが、チョコレート!というのはご存知ですか?^^
チョコ好きの国民性なのか?(笑)イベントにはチョコ!感がありますよね。
P_20190410_111227.jpg P_20190404_165503.jpg
クリスマス時期も多いですが、イースターの時期になると、
お店にズラリと並ぶチョコレート。
P_20190404_165435.jpg P_20190404_165414.jpg
ニワトリや卵、ウサギの形をしたものが多いのがイースターの特徴ですね。
P_20190404_165442.jpg P_20190404_165421.jpg

P_20190404_165402.jpg P_20190404_165526.jpg
そして、子供のいる家庭では、このチョコレートの卵をお部屋やお庭に隠して、
それを探すという「エッグハント」がイースターの楽しみの一つ。
この日はチョコレートをたくさん食べられる日(もらえる日)という事で、
子供たちも大好きなイースター。
P_20190410_112155.jpg P_20190410_112514.jpg

P_20190410_111853.jpg P_20190410_111246.jpg

P_20190410_111458.jpg P_20190410_111218.jpg
キリスト教の大事なお祝いとはいえ、宗教に関わらず、
イベントとして楽しんでみるのも楽しいかも知れませんね^^
皆さんもイースターのエッグハントで楽しい週末を過ごしてみてはいかがですか^^
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply