FC2ブログ
  • Comment:0

ハーブティー

Bonjour!
こんにちは。

突然ですが、ほっと一息の休憩や、リラックスタイムのおともに、
皆さんは何を飲みますか~?
淹れたてコーヒーの香りもいいですよね~
気分によって種類を変えて紅茶を楽しむのもいいですね^^
寝る前のホットミルクとか、冷え込む日は生姜湯とか葛湯もいいですね。

フランス人はよくコーヒーを飲むのですが、今日はハーブティーの事を書こうと思います。
昔から、自然療法の一つとして体調や気分が優れない時に、
症状に合わせたハーブを煎じて飲まれてきたハーブティ。
今でも身近にある民間療法。美味しくて元気になるハーブティ。
私はコーヒーよりお茶派なので、普段からハーブティーをよく飲みます。
一番身近でよく使うハーブは、タイムとローズマリー。
プロヴァンスハーブと言われるくらいですから、いたるところに自生しています。
自然に育ったハーブは生命力もパワフル!お料理にも欠かせません。
タイムは抗菌、抗炎症作用もあるので、風邪のひき初めには最適です。
また、ローズマリーは消化不良や頭痛を緩和してくれる効果があるそうです。

ちなみに最近よく飲んでいるのは、オリーブの葉のハーブティです。
ちょっと意外じゃないですか?でもこれが、ほんのり甘くて美味しんですよ~!
気になる効能ですが、血圧を調整してくれる効果があるそうです。
血圧に問題を抱えているわけではないのですが、美味しいので飲んでいます^^
オリーブの葉だけだと、とても柔らかくてほんのり甘く、飲みやすいです。
オリーブは一年中、葉をつけているので一年中楽しむことができるのも嬉しいポイント^^
P_20190112_123157.jpg 
今日はオリーブの葉とローズマリーをブレンド。
ローズマリーのさわやかな香りもいいですね~。ちょっとはちみつを足しても美味しい^^
P_20190111_120037.jpg P_20190111_175801.jpg
他にも、オベピンと言われるバラの実や、ボダイジュのハーブティ、
カシスの葉などもハーブティにしたり。実はヨモギも周りに沢山自生しているので、
季節ごとに採れるものでハーブティを楽しんでいます。
またその時期にご紹介出来たらと思います^^

<<<ちょこっとフランス語のコーナー>>>
いきなり始めてみました(笑)シリーズ化するかはわかりません^^;
フランス語ではお茶の事をThé (テ)と言います。紅茶や緑茶、中国茶もThé (テ)ですが、
ハーブティーはThé (テ)ではありません!
Tisane (チザン)と言います。何が違うかというと、
Thé (テ)はお茶の木の葉っぱで、Tisane (チザン)はその他の植物。
そして、Thé (テ)にはテイン (カフェイン)が含まれているのに対して、
Tisane (チザン)には含まれていません。その代わり、植物の様々なエキスを含んでいます。
また、ハーブティーを言う時に、
Infusion (アンフュズィオン)という言葉も耳にすることがあるのですが、
これは、ハーブティの入れ方を表していて、一般的にはこの入れ方をするので、
ハーブティの事をInfusionという事もあります。
スーパーのティーバッグのコーナーにある、ハーブティのパッケージには、
Infusionと書かれてるものがあるので、ご参考までに^^
ちなみに・・・ハーブティの入れ方には、他にDécoction (デコクション)と、
Macération (マセラション)というものがあります。
<<<>>>

週末はハーブティで心も体もリラックスしませんか^^
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply