FC2ブログ
  • Comment:2

栗仕事🌰

Bonjour!
こんにちは。

先日ひろってきた栗(栗拾いの様子はこちら)を使って、色々楽しんでいます。
まずは宣言通り「渋皮煮」と「マロンクリーム」を作りました~!
P_20181017_153211.jpg P_20181019_180154.jpg
渋皮を傷つけないように鬼皮を剥いたり、
マロンクリーム用に蒸した栗の実をほじくり出したり、
手間がかかって、作業は結構大変なんですよね・・・
P_20181012_182327.jpg P_20181012_194810.jpg
それでも、毎年、栗を拾ってくると「食べたい!」という執念でやってしまうんです。 
ここで、食いしん坊が生きてくるのです^^;
DSCN8644.jpg P_20181018_094941.jpg

ところで、この時期マルシェや八百屋さんでも店頭に並ぶ栗。
見たことある方もいらっしゃるかも知れませんが・・・とっても大きいんですよ! 
一方、私たちが拾ってきた栗は、マルシェのものに比べると小ぶりで可愛らしいサイズ。
14731255_1282527025132730_2371305551488497643_n.jpg DSCN8644.jpg
フランス語で栗の事はシャテーニュ(Châtaigne)と言いますが、
マロン(Marron)という言い方もします。
マロングラッセ(marrron glacé)やマロンクリーム(crème de marron)と言う時は「マロン」
料理やお菓子作りに使われる、栗の粉(farine de châtaigne)と言う時は「シャテーニュ」
何が違うの?と思ってました。
実は、栗の種類は700種くらいあるそうです・・・^^;
2種ともシャテニエ(Châtaignier)という木の実ということは共通なのですが、
シャテーニュとマロンの大きな違いは、
シャテーニュは野生種で、実が小ぶりであること、イガに2~3個の栗が入っている。
また、皮を剥くと実が崩れやすいという点もあります。
(だから、渋皮煮苦労したのか!と非常に納得^^;)
マロンは栽培用に改良された品種で、実が大きく、形が整っていて、
イガの中には一粒しか入ってないのだそうです。
ということで、マルシェの栗はマロンで、
私たちが拾ってきた栗はシャテーニュということになりますね。
でも、八百屋さんの表示を見るとシャテーニュと書いてあることが多いです・・・奥が深いな、栗^^;
渋皮煮とマロンクリーム沢山作ったのですが、もう少し栗が残っているので、
栗仕事第2弾でご報告しますね^^
P_20181017_161523.jpg æ¸‹çš®ç…®ã‚’混ぜ込んでケーキにしました~!

にほんブログ村 海外生活ブログ 南フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.
Dany & Yoko  
Re: おいしそう~!!!!

K子さ~ん!栗マニアだったんですね^m^
いつも拾いに行くので、売っている栗は買ったことないんですが、これだったらさぞ作業が楽だろうな・・・と思って、つい手に取って眺めてしまいます^^;
ほんと、山の栗は美味しいんですけど、粒が小ぶりなので作業は大変です。
そのまま食べるのが一番かもしれませんね^^;暖炉で焼く焼き栗がとっても美味しいですよ!
栗マニアなら、是非この時期にまた来てくださ~い!

2018/10/21 (Sun) 16:37 | EDIT | REPLY |   
k子  
おいしそう~!!!!

。。。という事は、ヨーコさんの栗はやはり山栗の仲間なのですね。それは作業はかなり面倒かと思いますが、さぞかし美味しいのでしょうね!!!!
山栗は栗の中でも味の強さが抜群な印象があります。その栗のクリーム。なんて贅沢ですばらしい。栗マニアの私としては夢のようです。
次のエントリーも楽しみにしています~!

2018/10/20 (Sat) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply