FC2ブログ
  • Comment:0

不死の花 ~イモーテル~

Bonjour!
南フランス・オクシタニからこんにちは~!
いよいよ7月が始まりますね^^ フランスはすでにバカンスシーズンに突入しています!
P_20180630_100302.jpg P_20180612_105558.jpg
さて、今日は不死の花と言われる「イモーテル」。
南フランス・オクシタニ(OCCITANIE)にとってもかかわりの深~い、
某化粧品メーカーの商品にも使われているので、
聞いた事のある方も多いのではないかと思います^^
P_20180612_105543.jpg P_20180612_105618.jpg
地中海沿岸地域の乾燥地帯に咲くとっても小さな黄色いお花です。
乾燥した地で育つことや、摘み取った後もきれいなままなので、
不死という意味を持つ「イモーテル」と名付けられたともいわれているそうです。
可愛い見た目に反して、イモーテルの香りはスパイシーな強い香り。
まさに薬草!といった感じ。
DSCN8030.jpg DSCN8028.jpg
イモーテルには、抗炎症作用、抗菌作用などがある為、
昔から打撲や傷の治療に使われていたそうです。
オクシタン(Occitane)の生活文化に昔からあったのですね。
また、細胞の新陳代謝を活発にする働きもあるそうで、アンチエイジングにも良いそう!
女性には嬉しい効果ですね *^^*
P_20180630_100138.jpg P_20180630_100236.jpg

そんなイモーテルを使って、マセラ(macérat)と呼ばれるオイルを作ります!
作り方はいたって簡単。
きれいに洗って煮沸消毒した瓶に、イモーテルのお花とオリーブオイルを入れて、
日の射しこむ窓辺などに4週間置いておくだけ。
(瓶は密閉しないで少し呼吸できるようにしておく方がいいです。)
こうすると、イモーテルの成分がたっぷり含まれたオイルが出来るのです。
P_20180630_101737.jpg P_20180630_112602.jpg
イモーテルのマセラはシミ、しわ、ニキビや傷にも効果があるそうです^^
黄金色のフラワーオイルを見ているだけでも癒し効果抜群です。
このマセラは他の薬草、ハーブでも作ることが出来ます。
私達も、ラベンダーやオトギリソウでも作っていますよ。
また、ヒナギクや白ゆりなどのお花で作っているお友達もいます^^
それぞれの薬草で効果が違う(例えば白ゆりの花弁のマセラは美白!だそうです)ので、
色々試してみたくなっちゃいますね^^
ナチュラル手作りは楽しい^^
DSCN8034.jpg P_20180630_132002.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ 南フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply