FC2ブログ
  • Comment:0

シャンドゥルー Chandeleur

Bonjour Amies!
ボンジュール!こんにちは~!

過ぎてしまいましたが・・・2月2日は何の日か知っていますか?
フランスでは、クレープの日!
この日はクレープを沢山焼いて、たくさん食べます


シャンドゥルー(Chandeleur)という、キリスト教のお祝いの日。
クリスマスの40日後の2月2日がChandeleurです。
《キャンドルのお祭り》や《光のお祭り》ともいわれています。
この日は、キリストの誕生を寺院に報告したことを祝う日で、
信者たちがロウソクを手に行進したことに由来しているそうです。


なぜクレープを食べるのかは、諸説あり、
特にシャンドゥルーとの関係はないという説もありますが・・・

丸くて黄金色のクレープが、私たちを照らしてくれる太陽のようだとか。

約1500年前、最初にシャンドゥルーを宗教上のお祝いにした
教皇ゲラシウス1世が、ロウソクを持った長い行進の後信者たちを労うために
卵を使ったガレットを作って与えた事にはじまり
時を経て、今日のクレープになったとか。

数世紀にわたって、農家の人たちがシャンドゥルーにクレープを作れないと
自分たちの小麦畑が壊されてしまうと考えていた為、
残っている小麦粉を全部使って沢山のクレープを焼き、
春の訪れを待ち望んだとか・・・

まぁ、由来はどうあれ、美味しいものが食べられるのはいい。



ちなみに、クレープを焼く時、一年の不運を吹き飛ばすために、
最初のクレープは何度かフライパンでクルリと連続してひっくり返すのが習わし。




左手にコイン(金貨)を持って、クレープを焼くと、
来たる一年の幸福を引き寄せると言われています。
また、上手くひっくり返してフライパンに戻せると、お金に困らないとも。






節分に恵方巻を食べる感覚でしょうかねぇ。
今年も一年、無病息災、無事に過ごせますように


それでは、良い一日を~ Bonne journée♪

南フランスホームステイ

ランキングに参加しています。
ポチっと押してもらえたら嬉しいです^^ Merci
にほんブログ村 海外生活ブログ 南フランス情報へ
にほんブログ村


南フランスホームステイ - にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply