FC2ブログ

南フランスホームステイ

南フランスの豊かな自然と、日々の暮らしをご紹介しています。

  • Comment:0

イースターはチョコ食べ放題?

Bonjour!
こんにちは。

今日は、イースターの話をしたいと思います^^
イースターはキリスト教のお祝いですが、
クリスマスなどに比べて日本ではあまり馴染みが無いですよね?
キリスト教徒が多いフランスでは、クリスマスと同じくらい大事なお祝いとなっています。

イースターはフランス語ではパック(Pâques)といいます。
ちなみに、あのモアイ像があるイースター島、
フランス語ではイル・ド・パック(ils de Pâques パック島)と言います。
イースターは「春分の後の最初の満月の次の日曜日」(ややこしい^^;)で、
毎年日にちが変わる、移動祭日です。
今年のイースターは今度の日曜日4/21です。
フランスでは、その翌日の月曜日もパックの月曜日という事で、祭日となっています。
日本のように振り替え休日という制度がないので、祭日と日曜日が重なっても、
基本的にカレンダーはそのままですが、イースターの次の月曜日は毎年祭日となっています。
学校もイースター休暇といって、2週間くらいお休みになるので、
家族でバカンスに出かけたりする人も多いです。

ところで、イースターって何なの?て方も多いと思います。
実際私もなんなの?と思っていました(キリスト教徒ではないので馴染みが無かったです)
イースターは日本語では復活祭、十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが、
その3日後に復活したと言われており、その復活を祝う日です。
なので、キリスト教徒にとっては、クリスマスに並ぶとっても大事な祭日なのですね。

そして、イースターの楽しみの一つが、チョコレート!というのはご存知ですか?^^
チョコ好きの国民性なのか?(笑)イベントにはチョコ!感がありますよね。
P_20190410_111227.jpg P_20190404_165503.jpg
クリスマス時期も多いですが、イースターの時期になると、
お店にズラリと並ぶチョコレート。
P_20190404_165435.jpg P_20190404_165414.jpg
ニワトリや卵、ウサギの形をしたものが多いのがイースターの特徴ですね。
P_20190404_165442.jpg P_20190404_165421.jpg

P_20190404_165402.jpg P_20190404_165526.jpg
そして、子供のいる家庭では、このチョコレートの卵をお部屋やお庭に隠して、
それを探すという「エッグハント」がイースターの楽しみの一つ。
この日はチョコレートをたくさん食べられる日(もらえる日)という事で、
子供たちも大好きなイースター。
P_20190410_112155.jpg P_20190410_112514.jpg

P_20190410_111853.jpg P_20190410_111246.jpg

P_20190410_111458.jpg P_20190410_111218.jpg
キリスト教の大事なお祝いとはいえ、宗教に関わらず、
イベントとして楽しんでみるのも楽しいかも知れませんね^^
皆さんもイースターのエッグハントで楽しい週末を過ごしてみてはいかがですか^^
スポンサーサイト
  • Comment:0

栄養スープ~イラクサ~

Bonjour!
こんにちは。

先週末から一部の学校がイースター休暇に入りました~
一部と言ったのは、休暇の時期が国内で3つに分かれていて、
少しずつずれて各2習慣の休暇になるからなんです。
第1ゾーンの学校は土曜日から休暇に入りましたが、
第2ゾーン、第3ゾーンの学校ももう少ししたら休暇に入ってくるので、
バカンスの人たちで賑わいそうですね^^
すでに、普段より車の量が多くなってますし、大きなキャンピングカーを何台も見ましたよ!
 
さて、今日は栄養スープのお話。
我が家では、昼食と夕食時に必ずスープを食べます。
まず最初にスープを頂くのがフランスの伝統的な食事スタイル。
その前に食前酒を飲みながらオリーブをつまんだり前菜を頂いたりすることもあります。
最近ではスープを食べない人も多いようですが…^^;
スープが嫌い(苦手)という子供も多いようで、
「スープを食べないと大きくなれないわよ!」と
お婆ちゃんやお母さんに言われて育ったという人も少なくないみたいです^^

我が家のスープは、じゃがいもをベースに、その時の旬の野菜や野草を使って作ります。
キャベツ、カリフラワーの葉っぱ、ネギの青いところ、ニンジンの葉っぱ・・・などなど。

先日、川へ行ったときにオルティ(Ortie)という野草が生えているのを見つけたので、
早速収穫してきてスープにしましたよ!
P_20180518_171351.jpg
オルティは日本語ではイラクサと言うそうです。
春から夏、よく自生しているオルティを採りに行ってスープにするのですが、
実は、収穫が結構大変なんですよね・・・^^;
ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、
オルティ(イラクサ)には小さな棘が沢山あります。
P_20190405_154952.jpg 写真で分かりますか?この細かいトゲ。産毛っぽいですが強敵です!
これが本当にやっかいで、バラの棘のような大きな棘なら、
触れた時にチクッとするだけか、刺さっていたら取ればいいのですが、
このオルティの棘、触ると無数に刺さるのと、細かく半透明なため、
取り除くのが非常に困難なうえ、しばらくチクチク感が残ります・・・
短パンでオルティ草原に入ってしまったもんなら、もう大変なことになります。
なので、私は細心の注意を払ってオルティに挑みました(笑) 手袋必須です!
イライラするからイラクサと覚えました^^;
P_20190405_155000.jpg P_20190405_155220.jpg
採ってきたオルティは葉っぱを枝から取って、軽く洗います。(もちろん、手袋必須です!)
水気を切ってから、じゃがいもと一緒にお鍋に入れて、
グツグツしないようにゆっくりと過熱していきます。
火が通ったら、ミキサー(ブレンダー)を軽くかけて完成!
家では、食べるときにそれぞれお好みで塩とオリーブオイルを加えていただきます^^
P_20190406_183101.jpg P_20190406_184337.jpg

P_20190406_184721.jpg P_20190406_185948.jpg

P_20190406_201202.jpg P_20190406_201411.jpg
緑がきれいなオルティスープのできあがり。
 P_20190407_185443.jpg P_20190407_185618.jpg
オルティには8種類の必須アミノ酸、たんぱく質、鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれ、
たんぱく質に関しては、加熱したオルティ300g中に1日に必要な量が含まれるそうです。
薬用ハーブとしても知られていて、健康に良い様々な効能があるだけでなく
オルティを数日間浸けた水は畑の肥料としても使われます。
スープ作りの際、ちょっと水で洗っただけで、これだけお水にエキスが染み出ました!
もったいないので、植木にあげましたよ^^
P_20190406_184431.jpg
まだシーズンが始まったばかりで、今回は沢山取れなかったので、
全部使ってしまいましたが、沢山収穫してきた時には、洗った後水気を切って、
日陰で乾燥させておきます(↓写真左)。
こうしておくと、長期間保存できるので、
冬の作物が貧しい時期でも栄養満点スープを摂ることができます^^
そして、乾燥させると棘もトゲトゲしなくなるので、素手で触っても大丈夫です^^
シーズン真っ只中になると、このように↓モッサモサ生えてます^^
P_20190406_184952.jpg P_20180518_171341.jpg
  • Comment:0

実は世界一!?

Bonjour!
こんにちは。

春休みも終わって、ホッとしている方も多いかもしれませんね~^^;
先日、新天皇即位の祝日により、今年のGWは長いという事で、
日本でインタビューしている映像で、
「そんなに休みがあっても何をしていいか困る」と言っている若い男性会社員や、
「毎食家族の食事を用意しなくてはいけないので困る」と言っている主婦の方が居ました。
休暇を勝ち取るために日々戦っているフランス人には理解不能の発言だったようです(笑)
主婦の方の気持ちは少しわかりますが・・・^^;
ただでさえ働きすぎの日本人という印象が浸透しているので、追い打ちをかけたようです^^;
そんな考えの方ばかりではないですよね~?
祝賀ムードでGWも盛り上がるでしょうね^^楽しみですね。

さて、日本の春と言えば、やっぱり桜!という感じですが、
春はいろんなお花が咲きますよね^^
皆さんのお気に入りのお花は何ですか?
DSCN0500.jpg tulipe in my garden 009
小さい子供から大人まで、馴染みのあるお花と言えば、
チューリップもその一つではないでしょうか?童謡にもありますしね^^
そして、チューリップと言えばやっぱり、ヨーロッパのアノ国ですよね~?
そうオランダ!風車とチューリップがシンボルのような気がします。
チューリップの専門学校もあるそうで、特徴や栽培方法を学ぶのはもちろん、
球根の解剖?みたいなこともやっていました^^;(昨年TVで見ました^^)
DSCN0506.jpg tulipes IMG_2427 (1)
しかしですねぇ、なんと実はチューリップの生産量No.1はフランスらしいです!
オランダにも球根を輸出しているとのことでした。
なんかこれ、聞いたことありますね・・・
ボ〇ドーのワインは実は国内最大の生産地であるエロー県産だった的なのと同じ感じですね。
フランス中部の広大な土地一面に植えられたチューリップは本当に見事で、
圧巻の光景でした。(これもTVのニュースで見ました^^;)
P_20180422_122646.jpg tulipes IMG_2362
そして、我が家のチューリップも続々と開いてくれています。
お花が大きいので、1輪でも存在感があり、パッと華やぎますね。
P_20180422_122710.jpg tulipes IMG_2365 (2)

大塚愛さんの歌が頭の中をぐるぐると回っている今日この頃・・・^^;
良い週末をお過ごしください^^
tulipe IMG_3938 tulipes IMG_2365 (1)
  • Comment:0

マルメロのお花

Bonjour!
こんにちは。

4月が始まりましたね!
新元号も決まって、平成最後の1か月・・・
ちょっと寂しい気持ちと、新しい時代へのワクワク感が混ざった複雑な気持ちです^^

春になるといろんなお花が咲くので、お花ネタが続いてしまいますがお付き合いください^^
coings IMG_2419 DSCN0504.jpg 
さて、マルメロという果実をご存知ですか?
カリンに似た大きくて黄色い果実です。
カリンとは別物なのですが、日本では「カリン」として売っている場合もあるようなので、
カリンだと思っていたものがマルメロだった!という事があるかもしれません^^;
Coings.jpg DSCN0503.jpg
果実の時期はまだ先ですが、
今マルメロのお花が可愛く咲いているのでご紹介したいと思います。
少し大きめの5枚の花びらのお花です。
大きく開いたお花をたくさんつけたマルメロの木はとっても可愛らしい*^^*
色はほんのりピンク色で、完全に開くと白に近いくらい薄いピンクです。
でも実は、私が一番好きなのはつぼみの状態(笑)
ピンクがより濃くて、グラデーションしているのがとっても可愛いなぁと思うのです^^;
もちろん開いた状態も、5枚花弁がレトロな感じがして可愛いです。
P_20190401_144722.jpg P_20190401_144556.jpg

mirabelle coings IMG_2306 (6) mirabelle coings IMG_2306 (1)
マルメロの実は、時期になるとスーパーにもたくさん並ぶ、メジャーな果物。
でも、カリンと同じで生食には向かないので、加工して食べます。
一番ポピュラーなのは、フルーツゼリーにして食べる方法だと思います。
お砂糖と果実のペクチンだけで固める、ちょっと硬めのフルーツゼリーです。
保存も効くので、冬の保存食(おやつ)として作る家庭も多いようです。
私も毎年収穫後に作っていますので、今年も作ろうと思っていますよ!
また、その時期になったら、改めて果実の方はご紹介しますね^^

  • Comment:0

桜 2019

Bonjour!
こんにちは。

3月もあと1日で終わってしまいますね・・・
春休み、満喫していますか~?
卒業・新入学のみなさん、おめでとうございます!
4月から新生活が始まる皆さん、頑張ってくださいね~^^
新しい元号も発表されるようなのでドキドキしますね^m^
ちなみに今日の夜、日付が変わった午前2時にこちらはサマータイムに時間が変更になります。
1時間進んで午前3時になりますので、明日(3/31)から日本との時差は7時間です。
この、サマータイム制度も今回が最後らしいので、これからは一年中サマータイムです^^。
sakura amandiers DSCN3748 (5) sakura IMG_2405 (7)

さて、春は花粉に悩まされる方も多いかもしれませんが^^;
お花見はこの時期の楽しみの一つですね!
日本人にとって、桜はとても特別なお花ではないでしょうか。
でも、日本のお花見(宴会)はフランス人にはとても異様な光景のようで、
たまにTVで映し出されたりします^^;
お酒を飲み過ぎて、羽目を外さないように楽しく飲みましょう~^^;
sakura IMG_2405 (8) sakura IMG_2405 (3)
こちらも、桜の花がきれいに咲いていますよ。
日本の桜と言えばソメイヨシノですよね。
薄いピンクの花はとってもきれいで桜並木のトンネルは本当に美しいですね。
フランスでは、日本のように街路樹として桜が植えられているようなことは無く、
あくまでもフルーツの木。サクランボの木として庭に植えてある感じなので、
一度に多くの桜の木を見ることはあまりないです。
サクランボ農家さんの農地とか、今は管理されていない元農地であっただろう場所に
沢山まとまって植えられていたりするので、そのような所では
開花の時期にはとっても美しい光景を見ることができます。
sakura IMG_2405 (4) cerisier3.jpg

cerisier (1) cerisier Sakura 003
こちらの桜は白に近いうすーいピンク色をしていますが、
枝いっぱいに咲く花はとても見事で、ソメイヨシノにも負けていませんよ!
sakura IMG_2405 (1) 

sakura amandiers DSCN3748 (6) sakura IMG_2405 (2)
ところで、今年はブログにアーモンドのお花を載せるのを忘れてしまいましたが、
こちらでは、アーモンドの方が多く見かけます。
桜よりも開花が早く、春を告げるお花として親しまれています。
お花も桜にとってもよく似ていて、それもそのはず、
アーモンドも桜も同じ「バラ科サクラ属」なんだそうです。
枝ぶりや花の付き方が違うのですが、お花だけ見るととってもよく似ています^^
そして、アーモンドも桜も、もちろんお花を楽しむだけでは終わりません!
美味しい恵みをゆっくり待ちたいと思います^^
sakura amandiers DSCN3748 (7) sakura IMG_2405 (5)

去年のサクランボ
ccerise (3) ccerise (2)

ccerise (1)